前回JUNさんから送って頂いたPE24プロトタイプのスロットルバルブを装着してみました

DSC_1315

以前装着していた旧プロトタイプのスロットルバルブはニードル域のセッティングを合わせる為、ニードルのクリップ位置を掘り下げてクリップ段数をより薄く出来る様に加工しておりましたが、今回のスロットルバルブはとりあえず掘らずにそのままの状態で取り付けてみました

キャブセッティング下記の通り

SJが35で変更無し
MJも128で変更無し
NJはN94D真ん中から一番上に変更
ASは1回転と1/2付近

とりあえずこんな感じで走ってみると

おお~

5000rpm付近のトルクが上がって凄い乗りやすくなった

どっちかって言うと今までは5000~6000rpm付近がちょいトルク感が薄くなる感じだったのですが、その辺のトルクが上がったので回転の谷が無くなりエンジンの回転がスムーズになりました

その旨をJUNさんに報告した所

実はまた良い物が出来たので送りますとの事

DSC_1340

で、送って頂いたのが画像右の物

DSC_1341

見た目は派手じゃ無くなりましたが

DSC_1344

画期的な発想で今までの物より霧化の促進が向上するそうです

詳しい仕組みはプロトタイプなのでお伝え出来ませんが、JUNさん曰くシャワーだそうです(謎笑)

って事で早速取り付けてセッティングは変更せず乗ってみた所・・・

すばらしく良いぞ~~

前のスロットルバルブよりもっと低回転(3500rpm付近)からトルクが上がり、そのまま癖も無く高回転まで廻りとにかく乗りやすい

5速3500rpm付近からアクセルを上げても難なく加速するので、まるでオートマ感覚です

これだったら町中を流す時や、林道での低速走行なんかでかなり良いフィーリングが得られると思われます

まあこれは7号機の仕様のインプレになり、尚且つ違いの分からないおどこ談なのであまり当てになりませんがね~~(汗笑)

とりあえずニードル段数が一番薄い所にあるので、もう少し薄くなるニードルを装着してセッティングを詰めてみようと思っています

ってか、最近CLやKDXばかり乗っていたのでノーマルタイヤの5号機7号機でコーナーを上手く乗れていないのは気のせいか??

まあ初老なので体も頭もボケ老人化して来たって事にしておきましょうかね~(呆爆)