昨日朝練後CLを弄り昼間近くになったので、昼飯を食べようと自宅でまったりしていたら、けたたましいカブの排気音が聞こえ窓から外を覗くと・・・

師匠でした

この冬型の気圧配置で風が強い中、秋田からカブで自走など

あだまがおがしいとしか思い様がありません(爆)

DSC_0849
 
山形まで来た目的とは

近所にある伊勢そば屋の盛天そばを食べたかったからとの事 

師匠、漢ですな~

でこの寒い中、一人で帰らせるのもあれなので

DSC_0850
 
金山まで見送り

DSC_0851

ここまでの道中、北西の風(向かい風)で5号の垂れ幕付きでは風で煽られ酷かった~

これにて任務完了

あだまのおがしい人は向かい風の中、秋田へ走って行きましたとさ

ちなみにわだくすは追い風で超快適でしたとさ

さて前置きが長くなりましたがCL50の続きです

DSC_0849

今回は穴の開いたシートをやっつけます

DSC_0850

タッカーの針をマイナスドライバー&ラジオペンチで外します。

ベースシートは2か所縦溝が有り、超汚い

DSC_0851
 
結構深い溝だなや~ 

DSC_0852
 
って事で、足つき性を良くする&溝をなくす為

スポンジ用のこれ↑でスポンジを薄くしてみます。

DSC_0853
 
散々削ってこんな感じになりました 

DSC_0855

で張り替え用のカバーをタッカーで打ち込み

DSC_0856

縦溝も消え、足つきも良くなりました

DSC_0857

次はタンクをやっつけます。

DSC_0849

まずはホンダのエンブレムをヒートガンで温め剥がします。

DSC_0856

タンクにはエンブレムの両面テープがびったりとくっついているので、トレーサーを使い剥がします。

DSC_0850

インパクトドライバーに装着して

DSC_0851

両面テープ部分を擦るだけ~

時間にして1~2分

DSC_0852

ハイ!綺麗さっぱり剥がれました

DSC_0853

ついでにタンク上部にあったシフトパターンのシールも剥がしておきます。

DSC_0854

タンクの凹みはこの通り

DSC_0855

左サイドとタンク上部分に凹み

DSC_0857

タンク裏部分は錆大量発生の為

DSC_0858

錆転換剤で処理しておきます。

DSC_0860
 
さてそれではパテを盛り

DSC_0859
 
アクションサンダーとペーパーで削りに削り(面倒くせ~~)

大分形になってきたので

仕上げのパテを薄く盛り

パテを早く乾かしたかったので

ヒートガンで温めてたらば・・・

熱で凹み部分が膨らんで(オーマイガ~)

また削ったら

今度は熱が冷めて引っ込んで(オーマイガ~)

またパテ盛って~~

やんだぐなりましたとさ(このやろ~)

って事で

まだまだ続く(大汗)