前回リアサスをやっつけたので

今回はフロントサスをやっつけます。

それではハンドルを外し、ステムの大きいナット29mmと小さいナット14mm×2本を外しステムごと取り外します。

DSC_0830

早速外したフォークのオイルを抜きます。

DSC_0831

スプリング、カラー等をパーツクリーナーで綺麗にします。

ちなみにインナーチューブを止めてあるネジが固着していてバカになりそうだったので、インナーチューブを取り外すのは諦め、新しいオイルをインナーチューブに入れピストン運動をオイルが綺麗になるまで×3セットを繰り返し

DSC_0832

ホンダフォークオイル10番を90cc入れ

油面は150だっけか??に合わせておきました

DSC_0833

シール部分にはラバーグリスを塗布します。

DSC_0834

こうしておけばシール保護、錆防止になるかと

どうせブーツを被せるので見えなくなるし、グリス飛散も心配ないでしょう

最後にインナーチューブ上部の錆を落としてフォークは完了

次はここ

DSC_0830

レース、ベアリング部分は下の方が大分錆が出ていたのでCRCを吹き付けて拭いてみたらば結構綺麗になったので再利用します。

DSC_0831

ぎっぎどグリスを塗り(グリス塗りは楽しい)

DSC_0832

こっちにもぎっぎど塗ります(楽しい)

DSC_0833

上側は比較的綺麗だったのでパーツクリーナーで汚れを落とし、こちらにもぎっぎどグリス塗布(超楽しい)

DSC_0834

う~んすばらすぐ動きが良くなりました 

フォーク取り付けはブーツを買ってからだな~ 

これで足廻りはOKだ~~

まだまだ続く