昨日からの寒波でまた大雪になってる当地です

もう~

一気に積もるのはやめてくれ~

さてタイトルの5号機ハンドルのガタですが

以前から太ももにフロントタイヤ挟み、ハンドルを揺すると10mm弱程ガタが有ったので、ハンドル周りを外してボルト類の締め付け等点検を行いましたが、症状が改善しなかったのでそのままで乗っていました

で先日夜練習で壁に刺さりFフォークを新品に交換したのでその症状も直ったと思いきや・・・・・

それにも増してガタが大きくなった感じがして、交差点等の深いコーナーでハンドルを切り始めた時、一瞬反応が鈍くハンドルが切れ始まると急に切れ込む様になり非常に気になるので、すばらすぐ面倒なんですがもう一度ハンドル周りを分解してみる事にしました

DSC_0794

とりあえず分解前に師匠に症状を話しアドバイスを貰っていて、大体の原因は把握していたのでその部品を新品に交換してみます

DSC_0790

53232-086-720 シートA、トップブリッジラバー
53237-GB4-680 ワッシャー
53236-041-000 カラー、トップブリッジ×2

ホルダーハンドルとプレートフォークトップブリッジは中古のやつです。

DSC_0791
 
一通り分解して新品部品と比べてみます。

DSC_0792

こちらが今まで付いてた物。

DSC_0793

こちらが新品。

ワッシャーと
トップブリッジカラー、ホルダーハンドルとプレートフォークトップブリッジには目に見える摩耗等はそんなに酷くありませんが

DSC_0796
 
シートA、トップブリッジラバーは一目瞭然

DSC_0797

中央部の大きい〇の所は下部分が擦れたのか?段付きになっていて、その上の楕円の所にも段付き&亀裂がありました

何故にそうなるかは不明です??

DSC_0795

でステムナットを規定トルクで締め付け

DSC_0754

ついでにメーターワイヤーも新品にします。

画像の古いタイプのメーターワイヤーですが(パネルに直接ネジ込むタイプ)ホンダ純正部品はすでに欠品となっています(汗)

DSC_0788

そんな時は頼みの綱 
N T B

DSC_0810

こっちはまだ在庫有でした

DSC_0811

品質、見た目もホンダ純正と何ら変わりありません

DSC_0812

無事取り付け完了

さてさてハンドルのガタは・・・・・

おお~~

完璧だ~~~~

太ももに挟んでハンドルを揺すってみても

全然動かなくなりました

良いぞ~

結果、ハンドルガタの原因は

鉄部品の消耗はほとんど見られなかったので

やはり師匠の言う通り

経年劣化による
シートA、トップブリッジラバーの摩耗が原因じゃないかと思います

ハンドルにガタがあるな~と思う方は是非
トップブリッジラバーを新品に交換する事をお勧めします

いや~しかし5号機もだんだんと新しくなって

あまり粗末に出来ない存在になってきたなや~(汗)

やはり林道にはあれをやっつけるしかないべが~(謎)

面倒くせ~なや~~