ここ数日の寒波で大雪になってる当地

路面は凍結したガタガタ道で(トラックのチェーン等で物凄い段差)今装着しているYSS310mmリアショックでは衝撃が酷く乗ってられないので、昨シーズンシャフトを7mm切って短くした武川の安いリアサスを取り付けする事にしました。

武川のサスは330mmだったのですが、ザフザフした路面ではリアが高くフロントタイヤが安定せず乗りにくかったのでシャフトを7mm落として323mmとなったのは良いのですが、その分プリロードが強くかかる為乗り心地が悪くサスの動きも悪かったのでプリロードの調整部を加工してみました。

DSC_0723
 
早速いつもの道具でバラします

DSC_0724
 
紐のかけ方は右を参照下さい。

加工方法のあれこれは今日同じ作業をしてた師匠のブログにて

なのであえて

DSC_0725

画像のみで(笑)

DSC_0726

師匠とやってる事はほぼ同じです

DSC_0727

ボディーを削ってしまったので錆防止にクリアーを吹き付けておきました。

DSC_0728

この状態でスプリングが手で回ります。

ここで師匠と違うのはカム部分の削り方

00b756d2-s

師匠が加工した画像↑を盗んで来た(核爆)

師匠は一番高いカム山を加工して低いカム山を作っていましたが

DSC_0731

自分はすでに低い所を削ってしまったので

DSC_0729

既存のカム山を低くしました(笑)

DSC_0730

ちなみに3段目まで(爆)

3段目以上は使いませんってか削りっぱなしのままなのでおそらく工具で回せないでしょう

DSC_0732

はい!出来上がり

DSC_0733

かなり動きが良くなり柔らかくなりました

これであのガタガタ道も大分良くなるんじゃないでしょうか?

で早速走りに行きましたが・・・・・

雪が多くて何ともならず、すぐ帰還して来ました

やはりこんな時はカブさな乗ってはいけません

いや~怖い怖い

雪は降っても良いが、大雪は勘弁してくれ~~

って事でインプレは次回にでも