以前師匠のカブと自分の5号or7号機のFフェンダーの隙間をくらべると違いがある事を発見しました

その時はサスがヘタってるんだべ~位に考えていましたが、何時だったか師匠のマシンに乗らせて貰った時、コーナーをグリグリと曲がるそのハンドリングに魅了され、フロントサスを外して検証してみる事にしました。

DSC_0176

画像上、真中が純正品で、下がカビー強化品(NTB製)

良く見ると、真中の純正品が微妙に短い感じがします(年式的にはカスタム50のM年式)

DSC_0177

純正品でもエンドアイの部分の作りが違いますね~

長さ的には5㎜程短いんですよ~

DSC_0179

で7号機に取り付けてある、NTB製Fサスを取り外しくらべてみると

やはり5㎜程短いではないか

DSC_0180

並べて比べてもあれなんで、車体に取り付けて比べてみると

左が短い純正サス、右NTB製サス

アームにシャフトを入れるとこれだけの差がありました

DSC_0182

丁度穴1つ分位ですな~

って事で短い純正Fサスに交換してみました 

DSC_0183

交換後のFフェンダーの隙間はこんな感じ 

DSC_0184

ちなみに5号機はこんな感じ

DSC_0185

並べてみると大分隙間が少なくなった7号機です

DSC_0186
 
で早速いつもの所に試走します(笑)

乗った感じは??

師匠のマシン程のグリグリ感はまだありませんが、かなりコーナーでFが入る様になった気がします(山形一違いが分からない男なのであてになりません)

いつもだったらここで満足するわたくすですが

師匠マシンのあのグリグリ感が体に浸みつき忘れられない・・・ 

って事で、究極のサスペンションセッティングを探す旅に出て来ます(笑)

果たしてあのグリグリ感は手に入れられるのか???

続く・・・のか???(謎笑)