明けて翌日

DSC_2403
 
ホテル前にての画

takuyaさん、シャコタンさん、りんごちゃん、ぺち、自分の5人でホテルを出発

DSC_0019

待ち合わせしていたコンビニで、かっち山さん、アジアンカブさんと合流

DSC_0020

程なく走りどこかで給油

のんびり走って来たので5号機超燃費良し(リッター72㎞と記憶)

皆で集まって何を話してるのか?記憶無し(核爆)

DSC_0021

気持ちの良い海岸線をこれまたゆっくり走り、イカ焼きの美味しい店に到着

店のおばちゃんがら、カブ邪魔だがらあっちさ置いて~と言われてるの図(汗)

DSC_0022

ここの店には眺めの良いデッキがあり

DSC_2414

しばしのイカタイム

自分以外はビールの代わりにノンアルで乾杯してました

さすが秋田のデブお勧めと言う事もあり、スペシャル美味い事間違い無し

腹がいっぱいになったあのおどこは・・・

DSC_2410

寝る

DSC_2411

寝る

DSC_2415

(爆睡)

DSC_2409

海をバックにカッコいい中高年達(激爆)

お腹も満たされたので出発しますが・・・

後続のりんごちゃんが道を間違え行方不明になり

DSC_2418

わさおの所で休憩

DSC_2416

あまりの暑さにわさお死亡!

おまけにりんご待ち時間が長く(約30分待った)

わだくすも暑さで死亡

あまりにりんごが来ないので、面倒くせ~がら置いて行くべ~なんて言ってたら、りんご登場

さてんだらば出発するか!となった途端、今度はぺちがピーポー君になりトイレに駆け込み10分待たせれました(暑いんだがら早くすろ~このやろ~とアジアンカブさんが怒っていたのは内緒だす)

気を取り直して出発し

DSC_0024

ミサイル道路休憩

DSC_0023

ここであのおどこのスポークがポキポキ

来ました毎年恒例、ポキポキのネ申

被害拡大を防ぐ為、タイラップで縛るあのおどこ(爆)

でもその後も被害はどんどん・・・・良いぞ~

DSC_0026

で竜飛近くの峠

DSC_0027

先頭組が小競り合いをして先に到着したので、後続組を待ちます。




DSC_0029

待つ間に婆ヘラアイスタイム(ちなみに爺ヘラでしたがね~)

DSC_0034

やっとこ竜飛岬に到着

正面に見えるは、でっかい道

DSC_0035

ここでレイさんと合流する予定でしたが、居ない?

でりんごちゃんが先走り、また居なくなった(面倒くせ~なこのやろ~)

その後意気投合したりんごちゃんとレイさんが現れ(苦笑)

DSC_0037

全員揃った所で本日のメインイベント(あれ?りんごとレイさんは居ねっけがな~?まあいっか)

あの画像の赤いボタンを押すと

石川さゆりの津軽海峡冬景色が大音量で流れるんだす

それに合わせて

馬鹿中高年2人が

DSC_2429

大音量で歌って踊るの図(核爆)

竜飛の名物婆ちゃんや、観光客から拍手喝采を浴びる馬鹿中高年おどこ2人組

DSC_2434

オンパレードも終了し、名物婆ちゃんからレクチャーを受け

DSC_2439

名産品を買わされるの図(良いぞ~~~)

DSC_2436(1)

名産品を買ったんだがらと婆ちゃんにシャッターを押して貰いました(笑)

たまにはこういう集合写真も良いですな~

DSC_2446

で名物婆ちゃんにお土産を貰い、竜飛岬を後にします。

ここで何と九州ツーリングから帰還したばかりのあの人がシャコタンさんに会いに来る為こっちに向かってるという情報が入り、
青森市内を目指しひた走ります。

しかし九州から帰ってきたばかりなのに連日また何百キロも走るとは、余程のアンポンタンとしか思えないのは自分だけか?

いやいや、あのアジアンさんも秋田のあの師匠だば完全にあだまがおがしいに違いないと、かっち山さんとレイさんに呟いていた事はスペシャル秘密って事で(爆)

そんなんで、青森市内で師匠と無事合流し

DSC_0038

ラーメンタイム

煮干しが効いてて美味かった~~

ここでシャコタンさんとレイさんとはお別れ

山形秋田組は帰路へ向かいます。

ちなみにりんごちゃんは得意の「先に行ってるわ~」と自由行動開始です

DSC_0039

どこかの道の駅で休憩

道中渋滞していていつの間にかりんごちゃんを追い抜いていましたが、休憩中また一人で行ってしまいました(さいなら~)

この辺で雲行きが怪しくなってきたので合羽を着こみ、遅れて到着したぺちは準備が遅いので、ここで置き去りの刑になりましたとさ(さいなら~)
 
この後、takuyaさん、かっち山さん、アジアンさんともはぐれ

遅くなるとあれだがらと、師匠から近道を案内してもらい雨の中をぶっ飛ばし、阿仁の道の駅に立ち寄ると、りんごちゃん発見(笑)

ここからまた近道を案内して貰い、道中師匠が遅い軽自動車をパスしたので自分もパスしようとしたら、急にスピードを上げ阻止され、もう一度チャンスを見計らいパスしようとしたらまたしてもスピードアップされ、それならばと濡れ路面左コーナーのアウトから被せてパスした事はとしておきます(苦笑)

そんな事もありながらも、協和で師匠とお別れし雨の中ひた走り無事山形に到着

いや~とても充実した1日でした

そして楽しい楽しい夏休みでしたとさ・・・

がしかしまだ楽しい事は続く(謎③)