ここ1週間程ブログをお休みしておりました。

理由は・・・

家のネット環境が何ちゃらかんちゃらで・・・(謎)

え~とですね~

パソコンがわがらない男がWビスタからW7にアップグレードした結果・・・・・

ルーターの設定がわからなぐなり、適当に弄ったら完全におがしくなり激面倒くせ~ので1週間絶賛放置プレーですた(汗笑)

その他、メールの設定やデーターの移行等、わだくすにはとても手に負えない事300%なので

先輩を呼んで設定等をお願いし、やっとこパソコンが使える様になりましたと

う~ん、W7は動き良くて最高だわ~

ついでにW10にアップグレードしようかと企んでいますがどうでしょうか??

さて、1週間前のブログ内容だと

7号機があやしい感じ的な終わり方でしたが

まずはそこら辺りから

先週の何時だったか?

いつもの所でエメマンタイムを満喫し

帰り道の事

何かエンジンパワーが無い様な気がして、路肩に7号機を寄せた所

エンジンが停止

DSC_0002

すぐにエンジンを始動するも、かからず??

少し休んでもう一度エンジン始動すると、無事かかりましたが・・・・

ブローバイから白煙モクモク(ピストンご臨終の予感)

まあエンジンがかかったので、ゆっくりと自宅に戻り

DSC_0005

15kちょいあるはずの圧縮が13k弱

はい!これでほぼピストン確定

DSC_0021

DSC_0006


でバラシてみると

ピストンTOPから片方だけが ぱっか~ん(大汗)

DSC_0018


これは秋田のあのおどこの祟りに違いない(このやろ~)

DSC_0019

ピストン裏には亀裂の様な痕跡も・・・

DSC_0011

DSC_0012

ちなみにリング類の固着無し
吹き抜けも5号機のピストンから比べれば酷くありませんな~

DSC_0013

DSC_0014

スカート部分も酷い傷等は無し

DSC_0015
 
シリンダーは綺麗でした

でピストン割れた原因を考えてみる

この割れたピストンは今は無き3号機で使っていた物

そういえば3号に組んだ時、圧縮が高かったのでピストンTOPを削ったんだっけな

その状態でノッキングを起こしながら走り続けた結果、薄く削ったピストンTOPに負荷がかかりぱっか~~んとなったと思われます

まあとりあえず最悪の事態は免れたって事で良しとします(苦笑)

DSC_0022

で早速、ストックのキタコスタンダードSE52ミリピストンに交換

ちなみにピストン、シリンダー、クランクのストックは多大なので即対応可能です(笑)

DSC_0023

恒例のバリ取りとマヨ加工を施し

DSC_0025

上死点でこんな感じ

DSC_0026

あっと言う間に組み付け完了

DSC_0027

この辺りの作業は慣れたもんです

DSC_0030

早速圧縮を測ると・・・・

出ました!16k強

DSC_0031

そんな事は気にせず

DSC_0032
 
夜間慣らしに出かけます(夜ピカリ族)

やっぱ圧縮高いと気持ち良い~なや~(核爆)

しかし毎回毎回何故にこんなに圧縮が高いのか??

師匠や秋田の人方に聞くと同じ仕様で(同じガスケット厚み)15k後半って話なんだけどな~???

やはりわだくす、高圧縮マスターって事で・・・(苦笑)

まあいいか(笑)

って事で、次回は高圧縮の謎を解くの巻???(謎×謎)