前記事のtakuya号ぼっ壊れるを目のあたりにして、同じ仕様のエンジンを搭載中のカブりんご1号機(モダ〇54㎜シリンダー+キタコウルトラSE54㎜ピストン)がここの所ピストン打音が酷く、何時ぼっ壊れるかと不安になったカブりんごさんが、師匠推奨のマニ〇ック54㎜を購入したってな事でシリンダーを交換する事になり、そのお手伝いをする事に

まあ簡単な作業なのでいつも通りに作業を進め、取り外したモダ〇のシリンダーと今回購入したと言うマニ〇ックのシリンダーを見比べると・・・・・

何か見た目が同じ様な??

刻印とかも同じで・・・

確実に100%全く同じシリンダーでした(爆)

ちなみに作業に集中してて画像は無し(汗)

とりあえずシリンダーとピストンのクリアランスを見てみるも、ほぼ同等

まあ見た目は同じでもボーリングの精度等は違うのでは??と購入したシリンダーを組み付け、いつもの所へ試乗に行き30㎞程走ってみると、若干ピストン打音がする様な・・・

まあこの日は気にせず帰宅したりんごちゃんですた(核爆)

で先週の土曜日、秋田の師匠の所に行く事になり

りんごちゃん、1号機で張り切って出かけます

往路は何事も無く無事秋田に到着

DSC_0001

恒例のラーメンで満足し(笑)

帰路へ向かいます

帰路も何事無く帰ってきたのですが・・・・・

500㎞程走っただけなのに、物凄いピストン打音で何時ぼっ壊れても良い様な感じになり激不安になったりんごちゃんは、一大決心

自分ストックのキタコメッキシリンダーを譲ってくれとの事になり、特別価格で譲る事にしました(謎価格)

DSC_0004

で早速組み付け開始

DSC_0005

左が500㎞程走って取り外したマニ〇ック54㎜シリンダー

右が新品のキタコ54㎜メッキシリンダー

DSC_0006

取り外したシリンダーはスカートが擦れていた??

DSC_0007

中は若干の縦傷等有り

DSC_0008

今画像見て気が付きましたが、カムチェーンが擦れた痕も見えますが気にしない(爆)

DSC_0010

でさっさど組み付けます。

キタコのメッキシリンダーはシリンダー長が69.8㎜なので今までのガスケット厚だと若干圧縮が下がる事になります
ちなみにガスケット厚は、ヘッドが武川の1㎜メタルガスケットとベースが0.5㎜で1.5㎜で組みました。

ちなみにちなみに、マニ〇ックシリンダー+キタコウルトラSE54㎜ピストン+CP54㎜クランク+ミニモトビックバルブヘッドの組み合わせでガスケット合計が1.5㎜だと圧縮が16k程でしたが

DSC_0009

キタコのシリンダーにした事で圧縮が14kちょいまで下がりました。(画像を撮った時には多少圧縮が落ちてました)

DSC_0011

最後に今回投入のGクラビレッドクーラーを組み込んで無事完成

早速試乗に出かけ、ピストン打音は皆無

やはりピストン打音の原因はあのシリンダーですた

う~ん 

シリンダー、ピストンの組み合わせは大事ですな~

Taぐぅyaさん


これで安心して関東のぼっ壊れ王を迎えられるべ~
りんごちゃん(爆)