今日も早速行きますか~

5号機のぼっ壊れシリーズ第3段(笑)

DSC_0004

それでは前記事でケースベアリングとクランクケースが破壊した5号機のエンジンを全バラしていきます。

DSC_0010

CPクランク、4速ギヤ(3速のみタイカブ100EX用)他を外します

しかし良く見るとケースには鉄粉&アルミ粉が大漁祭りな事間違い無し(大汗)

DSC_0009

ついでに同時進行でストックエンジン(CM50用)もバラしておきます

ちなみに今回のストックエンジンは走行5000㎞強の極上品ですよ~

しかし極上品のエンジンも・・・

DSC_0007

ここのスタッドボルトだけはダブルナットでは太刀打ち出来なかったので

DSC_0154

バーナーで炙りスタッドボルトを万力に挟んで勢いよく廻しを繰り返し

DSC_0008

何とか取り外しに成功

この部分は直接外気に触れる部分なのでノックピンがサビサビ君になっている事が多いんですよね~

DSC_0011

で2台のエンジン一式すべてを取り外し、ほとんどの部品をストックエンジンの物に交換します

そして前エンジンの部品は段ボールに入れてストック行き

さあここからは面倒な洗浄&ガスケット剥がしに悪戦苦闘しながら頑張ります(爆)

ああ~面倒くせ~んだよな これが

ここでまた一気にやる気スイッチがOFFになった事は超です(苦笑)

またまた続く(超汗)