現在5号機のフロントに履いているボンサン2.25スパイクタイヤですが、凍結路面で激滑るので増しピンをしてみました

ボンサン2.25スパイクタイヤはピンの配置が↓画像の様になっており、凍結路面でコーナーを曲がっている時ピンの無い部分で一瞬ヌルっと滑りビビリ君になります

P1080584

なので空いてるブロックに増しピンを施しますが、画像で見てもわかる通りブロック部にサイプが切って有り、そのスペースにいつものスパイクピンを打つとスペース的にギリなので・・・

P1080563

ベストグリップの一番小さいピンを購入してみました

P1080565

ちなみに50本で¥5000弱とコスパが悪いのがネックです(汗)

P1080566
 
このインストーラーを電ドリルに取り付けネジ込むだけなんですが・・・

P1080576
 
ブロックの中央を外すとブロックゴムが切れてしまい・・・

P1080579

その部分には2度と打ち込み出来なくなると言う弱点が有り
2ブロックほどやっつけてしまい、超やんだぐなったので諦めますた(このやろ~)

って言うか、ボンサンタイヤはコンパウンドが柔すぎだす

P1080580

なので結局ピン打ち機で普通のピンを打っておきました(苦笑)

P1080574
 
でこのピンは現在リアに履いてるフルピン(ブロックタイヤ)のピン抜けした部分に打って見ると・・・

P1080583

ブロック部が固いので上手く打ち込み出来ました

ちなみに抜けた所に打ち込むとすぐに取れそうなので、別な場所に打ち込みしておきました

このスパイクピンは打ち込みは非常に楽で良いのですが、やっぱ価格がネックなので、補修用として使用するのが良いんじゃないでしょうかと思った次第でございます

ピン打ち機がなければこれも有りですけどね~

そんなんで作業が終わるとひれはしさんから電話が入り、クラッチを交換するとの事であれやこれやと質問をしてくるので面倒くせ~から家に来いと呼ばり(笑)

DSC_0013
 
早速作業開始

ひれはし号!以前124ccにした時、クラッチスプリングはJUN製強化に交換してたのですが、肝心のクラッチ本体は50のまま使用していた為(忘れてた)散々走った様ですが今頃になって強化品に交換(滑笑)

DSC_0014
 
で今回交換するクラッチは、あちら製の怪すい物

一応プレートの入る溝のバリをリューターで適当に馴らしておきます

DSC_0015

こんな感じに組んで

DSC_0016

組み込み完了

で組んだら走ります(笑)

DSC_0001
 
大井沢温泉

あ!これは前日の湯治に行った時の画像でした(笑)

DSC_0002

ってか、記事にするのが面倒なのでここでまとめるって事で

DSC_0003

ここも豪雪地帯なんですが、暖冬の影響か例年の1/3程の積雪で路面にも全く雪がありませんでした

DSC_0004

前日の昼飯は「くうが」のチャーシュー麺

これにて前日の画像消化(爆)

DSC_0018

これがクラッチ交換して走りに行った時の昼飯(笑)

板蕎麦にキジのつけタレをチョイス

DSC_0017

人生初?のキジ肉ですが、意外と美味い、ってか好みでした

キジ肉の良い味と油が蕎麦にマッチして美味かった~満足満足

そしてここからの帰り道待望のぼだ雪が降って来たので、ちょい改良したヘルメットワイパーの出番がやって参りました

改良したヘルメットワイパーの電源を入れぼだ雪の中を走ると、すばらすぐ良い事3000%

電熱ヒーターシールドとの併せ効果でスペシャル視界良好。

全く手ワイパーを必要とせず、自動車用のブレードに交換した事により、ビビリ音も無くなり尚且つ掃き具合のGOODでした

ひれはしさんは電熱ヒーターシールドのみの装着だったので手ワイパーを駆使し手袋がびちゃびちゃに濡れたとの事(良いぞ~)

後ろで走っていて手を出さない自分を見て羨ましいかったそうで、早速買う事を決断した模様でしたとさ(爆)

ちなみにカブりんごさんも実物見てすぐに注文していました

これで来年の冬カブは皆ヘルメットの上にワイパーを付けて走る事間違い無しだべな~(変態軍団×笑)

残念なのは、間もなく冬も終わりに近いって事・・・

もっとヘルメットワイパーを使いたいから、まだまだ雪降ってくれ~と願うサラマンダーカブでしたとさ