昨年CM50を購入したオイチョ王様

最近までは50ccのまま乗っていた様ですが、あの体重(90㎏弱)だば・・・・・(笑)

って事で、その体重でも何とかカバー出来るエンジンを制作します(爆)

ちなみに王様1号機は90純正クランクに54㎜ピストンで113ccになっていますが、峠の上り等では激デブ効果でパワーダウンが激しいみたいです

では早速エンジン組みの始まり始まり~

P1080503

まずはで購入した90CMエンジン(ケースボーリングは以前施工済み)のクランクケースにベアリングを打ち込みますが・・・・・

P1080502

↑画像の様にベアリング止め部分が破損していました(大汗)

で王様

見なかった事にしますとの事で構わず作業を進めます

まずはミッションはマニ〇アックのタイカブ互換4速assyを組み込みます。

クランクケースは90CM用なので上記ミッションはそのままポン付けですが、シフトアームはCM50用(4速)に交換しておきます。

P1080504

クランクはモ〇ンワークス54㎜ストローク

オイルポンプスピンドルは90用をそのまま使うとクランクウェブにぶつかるのでボール盤に挟みベルトサンダーにて細く削っておきました。

P1080505

でケースを締めようと思ったら・・・・・

何かがおかしい???

さて何でしょうか

答えはメイン4速ギアが無いんです(謎謎)

王様に聞くと、梱包から開けてそのまま組んだので初めから付いていなかったかも!との事

んだらばこのままで組んで3速で良いんでね~って言うと、さすがにそれではダメだべ~って事で(爆)

P1080506

ストックしてあった、06タイカブ純正4速メインギヤを貸す事にして組み込みます(貴重×100EX)

良く確認して、やっとケースを合わせボルトを規定トルクで締めますが、ここでまたしてもアクシデント発生

P1080507
 
それはボルト締め付け時ヌルっと・・・・(激汗)

って事でリコイルの出番

P1080508

さっさど入れて再度ケースを合わせボルトを締め込むと・・・

今度はまた違う所がヌルっとな(超汗)

で結局ヌルっとする所が4か所もあり、またリコイルを施すも

激安リコイルセットなので、失敗の連続で

やんだぐなり、作業中断し自宅から30分以上かかるアストロまでリコイルを買いに行き

P1080509

5000円程するリコイルキットを王様から買って頂きました

ちなみに上画像の激安リコイルキットはあのセットで3000円しませんでしたからね~

激安リコイルキットはタップの精度が悪いのか?リコイルの精度が悪いのかタップを切った穴にリコイルが入りにくく何回も失敗したのですが、アストロのリコイルキットはスルスルと入り失敗無しでした

P1080510
                     
こんなんで余計な時間を要しながらも、クラッチ、フラホ類を組み何とか腰下が完成

ちなみにここまでかかった時間は・・・・・

8時間です

まあリコイルを買いに行ったとか、昼ご飯食べに行った時間も含めてなんですが、何とも時間がかかり過ぎだすな~

まんずでかった中古エンジンがダメダメなのと、王様が部品の在り処を把握していない為、部品を組む度部品を探しての繰り返しで大幅な時間がかかるハメになった事が最大の原因だすな~

王様~部品管理はちゃんとしてけれよ~~よろしぐ~

って事で次回は腰上編へ続く(笑)