neri師匠から制作して貰った熱線シールドですが、先日の夜練習時に両面テープが取れて外れてしまいました

その時はしかたが無いので外れたままシールドの中でブラブラさせながら走りましたが、シールドと熱線シールドに激隙間が有るにも関わらず、シールドの曇りは発生せず快適に走る事が出来ました(凄)

で両面テープだと心もとないので、師匠に両面&ビス止めだとどうだべ?と相談した所、良いんでね~って事だったので早速加工を施す事に

とりあえず失敗すると嫌なので、この日ひれはしカブさんも熱線シールドを取り付けに来る事になっていたので、ひれはしさんの安ヘルメットのシールドで実験して良ければ自分も加工しようという企みです(爆)

DSC_0152

↑画像はひれはしさんの安ヘルメットシールド(笑)

今までは純正シールドの裏に熱線シールドを両面で貼り付けていたのですが、皿ビスを使い完全固定する事に

皿ビスはホームセンターでひれはしさんが買ってきた、2㎜×10㎜の物

それでは熱線シールド側にポンチで印を付け、2㎜のドリルで穴を開けるだけ

DSC_0153
 
この小さいボルトをシールド内側から通します。(老眼の自分はボルトが見えないのでひれはしさんが担当)

皿ビスだと薄いのでシールドをガバっと開けた時に上部モール部分に干渉することもありません 

それからシールド外側で平ワッシャーとナットで固定して完了

ひれはしさんので上手く取り付け出来たので、自分のも加工します

DSC_0159

見た目は???ですが

DSC_0160
 
被って見るとボルト部は全然気になりません。

DSC_0158

こうやって見るとボルト部分は大分外側なので視界の邪魔にもならないって訳だすな~

DSC_0161

 
ヘルメット右脇には電源スイッチを取り付けていますが、今まで乗ってる中でOFFにした事が無いのでこれも師匠に相談した所、スイッチ無くても良いんでね~って事になったのでその内スイッチレスにしてみようと思います

で完成したって事で

DSC_0154
 
ひれはしさんといつもの所で熱線シールドの効果を検証

ひれはしさん曰く、何ぼ息を吐いても全然曇んね~っと喜んでいました

そしてビス止めした熱線シールドは取れる事無く快適君になりましたとさ

DSC_0156
 
これでまた雪道も楽しく走れる様になるべ~

ひれはしさん

ちなみに自宅付近にはまだ雪はありませんがね~(苦笑)

しかし本当今年は雪積もらね~な~