寒いですね~

ここ1週間の天気予報を見ると雨や雪のマークばかりで、カブリハビリが出来ない日が続くようで、病院にて本物のリハビリを頑張っている次第でございます(苦笑)

そんなんで、カブに乗れない時にはカブ弄りを

DSC_0205

まずは以前ぺち君からダルマ屋ウイリーされた時破れたヤママルト汎用ハンドルカバーが到着したので、早速取り付け

DSC_0202

今度のは車体と同じカラーのオレンジ

DSC_0203

取り付けはハンドルに被せて付属の紐で縛るだけ

DSC_0204

車体のオレンジとは色が違うけども、気にしないって事で(笑)

カッコ悪いのも気にしない(爆)

5号機にはカブ専用ヤママルトハンドルカバーを装着してますが、操作性はカブ専用にかないませんが、汎用ヤママルトハンドルカバーも操作性はそんなに気になる事も無く、防風効果も中々でカラーバリエーションも豊富なのでちょっとお洒落にしたいという方にはお勧めのアイテムです

自分は左手を怪我してから指先が冷たくなると血行が悪くなり固まってきて動きが非常に悪くなるので、ハンドルカバー+グリップヒーターは冬の必需品になっています

DSC_0179

はい!次はエンジンのプチアップデート

前回5号機にも入れたキタコDLCロッカーアームシャフトとミニモトの低フリクションピストンピンテーパー仕様パブロスライドを投入します

DSC_0206

早速マフラー、キャブを外します

DSC_0216

キタコDLCロッカーアームシャフトは5号機にも投入しましたが、効果の程はさっぱり分からず(爆)

まあフリクションが減るって事で自己満足って事で

DSC_0217

で、ロッカーアームシャフトを引き出すと・・・・・

げっ!何と装着済みでした

確か萌え6号機に取り付けたはずなのに何故か4号機にも付いていた???

相変わらず呆け老人なサラマンダーカブです(核爆)

まあいいや

次!ピストンピンを交換します

DSC_0210

とりあえず、ピン比較

画像左が今まで取り付けしてたキタコ 36㎜
ピストンピン
画像中がメーカー不明の軽い 36㎜
ピストンピン
画像右がミニモト 35㎜ピストンピン 

DSC_0208

重量比較

キタコ ピストンピン 22.2g

DSC_0209

メーカー不明 ピストンピン 17.2g

DSC_0207

ミニモト 
低フリクションピストンピン 17.5g

結果、メーカー不明のピストンピンが軽いって事でこれを採用する事にしました

ミニモトのピンは35㎜なので遊びが1㎜程有り不安を感じますからね~

DSC_0211

ピストンスカート部はまだ綺麗です

DSC_0212

これでピストン部の重量が軽くなる事により、高回転がスムーズに廻り振動が減れば良いのですが、違いの分からない男なので体感する事はまず不可能でしょうな~(大汗)

まあこれも軽いのに交換したという自己満足の世界って事でOKだすな 

その後シリンダーを取り付け様と思ったら・・・・・

DSC_0213

カムチェーンガイドローラーが酷い事になってました

元々圧縮を調整する為ガスケット厚が多い4号機なので、カムチェーンガイドローラーの外周を削りカムチェーンの張りを調整しているのですが、側面にあるポッチ?4か所が見事に削れて無くなっていました

DSC_0097

以前オイル交換時にこんな物体が出て来て

DSC_0103

カムチェーンテンショナーローラーがこんな姿になっていたのでその時は新品に交換したのですが、まさか
カムチェーンガイドローラーもこんな事になっているとは、恐ろしや~

って事で
カムチェーンガイドローラーも新品の物を外周を削り取り付けて

DSC_0218

無事組み付け終了

DSC_0219
 
今回のプチアップデートでダメダメな部分を発見出来た事は大変良い事でした

カスタムしてるエンジンは定期メンテナンスでトラブルを未然に防ぐ事が大事だって事を実感した次第でございます

後はJUNさんにお願いしているPE24(再アップデート)が戻って来れば試乗出来るんですが、そろそろ当地も本格的な雪のシーズンに突入するので、4号機の出番が無くなりそうです 

まあ天気の良い日に乗ってみて、後日インプレするって事で

違いの分からない男は果たして違いを体感出来るのか??

確実に分からないと思いますがね~(期待×0)