先々週あたりに新しく組んだ5号機のエンジンですが、1500㎞を余裕で突破したので、恒例のフィルター点検をする事にしました。

DSC_0179

エンジンバラすついでにこんなパーツを投入

DSC_0180

キタコDLCピストンピンと同じくDLCロッカーアームシャフト

耐摩耗性に優れてるという代物

早速腰上をバラし

DSC_0182

ピストンを確認

DSC_0183

今回のピストンはキタコのWPC、MOS 2加工が施してある物なのでスカート部には傷も無く非常に綺麗でした

DSC_0184

ちょいとカーボンは多めですかね~

DSC_0186

同じくキタコメッキシリンダーも傷無く良い感じです

DSC_0185

DLCピストンピンを取り付け、画像撮り忘れましたが
DLCロッカーアームシャフトも組み込み完了

DSC_0193

次は車体を傾け

DSC_0195

オイルフィルター点検

DSC_0194

まあこんなもんでしょう

DSC_0188

で、タイトルのオイル漏れ・・・

DSC_0189

確認するとジェネカバー付近から漏れていて、それがクランクケース下部に伝ってた~コノヤロ~

そう言えばこのエンジン3号機からのスワップで、昨年もオイル漏れしてた様な覚えがあります

DSC_0190

確かその時上記の部品は新品で交換したはず

DSC_0191

それから何回かクランクケースを割ったりしてジェネカバーも開け閉めした為、Oリングがダメになったと思われます

一応ジェネカバー大小Oリングとオイルシールを新品に交換してみました

取り外したOリング、オイルシール類を確認してみましたが、目に見える損傷等はありませんでしたが、大きいOリングが新品と比べると多少潰れて薄くなってた様な感じでした

DSC_0192

でフラホ等を取り付け作業終了

って事でオイル漏れを点検する為試乗へ

DSC_0155

雨上がりのヘリポートで

DSC_0157

オイル漏れ無し

ちなみに先日ぶっ壊れたレッグシールドを4号機より拝借し、リアサスを在庫のYSSハイブリッドに交換

このYSSハイブリッドサスに交換したら・・・・・

何かサスの動きが良くなったのかトラクションがかかる様になり狙ったライン通りに走れるし、乗り心地も良く突き上げ感も解消され

カブ運転が上手くなりました(笑)

やっぱカブはリアサスが重要だすな~

そんなんで気分良く走って自宅近くでリアの挙動がおかしいな~と思ったら・・・・・

来ました~~~

DSC_0152

パンクの神様(爆)

何か昨日のneri師匠の記事でパンクしたって書いてあったので良いぞ~とコメントしたから罰が当ったんだんだべな~(師匠呪×すこだま)

DSC_0153

早速タイヤを外しチューブ交換

DSC_0154

タイヤにはこだな細い針みたいのが刺さってた~~

まあパンクしたのが近所だったので良かった良かった

出先でパンク修理など、面倒だすからな~

これでパンクの神様は東北から、関東もしくは中国地方にお召されると思われますので、丁重にお向かい下され~(核爆)