だいぶ前に購入していた、ミッシュラン パイロットストリート(以下PS)を5号機に履いてみました

PSはチューブレス用タイヤなのでビード部分が固く、尚且つ
5号機にはレーシングボーイの1.6リムを前後に履いているので、タイヤを入れるのは苦戦するべな~っと思いながら作業に移ります

DSC_0090

ちなみにミッシュラン PSはアウスタで購入しました

早速フロントのスピードライン501(以下SL501)を取り外し、ビードクリームをギッギど塗り込みタイヤレバーで入れてみると・・・

意外と簡単に入りました 

でも、手で入れるのは無理っぽい感じかな~

で無事タイヤも入ったのでエアーを入れてみると・・・

1箇所ビードが上がらない・・・・・ 

何回かエアーを抜いて入れてを繰り返すも、やはりその部分だけビードが上がらないので、ビビりながらもエアーを6㌔まで入れてみるとやっとビードが上がりましたとさ(苦笑)

DSC_0091
 
見た目はカッコイイですな~ 

DSC_0092
 
フロントのサイズは70/90/17

ホイールが1.6なのでタイヤ幅が若干太くなり、エアーを入れた状態ではトルクロッドのネジにタイヤが干渉してはいらないのでエアーを抜いた状態で入れてからエアーを詰めます

続いてリアタイヤですが、フロントみたいにビードが上がらない症状も無く、すんなり入りました

今は夏場で気温が高いのでタイヤもだいぶ柔らかい状態なのでさほど苦労もしませんでしたが、気温が低い時期には結構入れるのが大変じゃないかと思います

DSC_0093

リアのサイズは80/90/17

もちろんタイヤを履いたって事で、試運転へ(笑)

まず乗り始めて思ったのは、SL501から比べると何となく重さを感じる事 

ハンドルを切るとSL501はクイックに反応するのですが、PSはハンドルを切ってから遅れて付いてくる感じで、何となく以前履いたチェンシンタイヤ(チューブレス)に似てる印象です。

乗り心地もチューブレスタイヤでビードが固い分、少しゴツゴツ感がありますが気になる程ではありません 

そしてコーナーでは、やはりハンドルを切って遅れる分SL501から比べるとライン取りが変わりますが、倒し込んだ時のグリップ感(安心感)はタイヤ剛性が高いからか、かなり良い印象を受けました 

しいて言えば、安定感のある高級タイヤって感じですな

直進安定性も申し分ないのですが、

どんどんスピードを上げて行くと・・・

100S$辺りから物凄いジャダーが出て、非常にヤバつい

まあ元々5号機はジャダーが出やすい車両なのですが、激ハンドルブレブレで死にそうになります(大汗)

これだば乗ってらんね~って事で、着座位置を変えてみる

そしてジャダーの止まる乗り方を発見(笑)

それは、お尻をリアBOXに押し付けて物凄く後ろの位置で乗る(爆)

う~ん、しかしこのポジションで長い時間乗り続けるのは辛いっす

何とかこのジャダーを止める方法を考えねばダメだべな~

ジャダー止まらなければ、PSは廃タイヤ行きになる事でしょうね~(泣)

って事で、PSはジャダーが出なければ中々良いタイヤだと思いますよ~~~