先日肘折温泉ツーリングに行った帰りに5号機のフルピンスパイクタイヤがパンクしてしまい、修理するのが面倒なので自宅までの距離約50㌔をパンクしたまま走破した所、フルピンスパイクタイヤが見事に死亡してしまいました(汗)

P1060718
 
このタイヤ昨年もパンクしたまま結構な距離を走った経緯のある物を今シーズンも履いていました

P1060721


早速タイヤを外してみます

BlogPaint

見た目はパンクしたまま50㌔も走行したタイヤには見えません

緑〇のピンクの矢印はホイルとタイヤのずれがわかる様にマーキングしていましたが・・・
完全にずれていました 

そして赤〇の2か所がタイヤストッパー
ホイールに穴を開け皿ビスにて固定しております。

その皿ビスを外すと・・・

BlogPaint

ビードが切れてご臨終

反対側は無傷

パンクと気が付いた時に皿ビスを外しておけばこんな風にはならなかった

P1060725

中のワイヤーも飛び出し

P1060726

完全に切れていました(大汗)

P1060727

チューブは熱で接着して、擦れた粉がボロボロ

まだまだ使えそうなフルピンでしたが、これだば使用不可能なので・・・

P1060728

予備タイヤ IRC FB3 

P1060729

 2.57-17

P1060730
 
スペシャルフルピン

間もなく冬も終わりだと言うのに、まだこんなタイヤを履きました(爆)

まだやる気満々なんです(核爆)

なので、雪いっぱい降ってくれ~

そして今回の教訓

パンクしたらビスは外してから乗りましょう  

by  neripedia より(笑)