今日もネタ消化の為、2記事目いきます(笑)

さて後輩K君の偽マンダー号ですが、ベースエンジン(カスタム4速)と腰上パーツが揃ったので制作に入りました

P1050919

neri師匠から購入したカスタム4速エンジン

P1050920

早速ばらしていきます

P1050925

順調に腰上をばらして行くと・・・

シリンダーが取れないので思いっきり大ハンマーで叩き壊しました(笑)

そして予想はしていましたが・・・

やはりオイルリターン側のスタッドボルトが取れません

ダブル、トリプルナットで廻すも全然びくともせず、超高強度のネジロックを塗布して廻すと少しだけ動きましたがナットがナメテしまい何とも出来ず・・・

最終手段で以前もカブりんご号で試し実績がある、スタッドボルトとナットを溶接して取り外す事に・・・

ところが、いとも簡単にスタッドボルトが折れてしまいやる気が失せたので師匠に助け舟を求めた所、良いアドバイスを貰い試してみる事にしました

その方法はスタッドボルトの頭を鉄ハンマーでブッ叩き、万力にスタッドボルトを挟み思いっきり廻せとの事でした

で・・・あっさりと取れました

さすが師匠、ありがとうございます

これが取れたらこっちのもん
サクサクとばらし、すべて灯油に浸け洗浄。

ここでまた一つ問題が・・・

それはオイルスピンドル

クランクを52mmに交換するのに、オイルスピンドルを用意するのを忘れ、ここで作業中断も嫌なので50用スピンドルを削る事に

P1050926

卓上ボール盤にスピンドルを挟み、ベルトサンダーにて研磨(爆)

結構上手く削れました

完成した画像はありません(爆)

P1050878

クランクを組み

P1050928

ケース組み付け完了

P1050929

52mmクランクのコンロッド

P1050958

強化クラッチ、タイカブ100EX用オイルポンプを組み込み腰下完了

P1050877

シリンダーケースはボーリングする必要が無くポン付けでした

P1050959

フラホカバーを付けてホール穴の蓋を取ろうとしたら・・・
ここもきつくて取れなかったので、ショックドライバーで一発(汗)

P1050960

上死点でのピストンの位置

P1050961

4Vピストン・・・良い感じですな~

今日はここまで・・・

続く